スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進めよう子供の国際親善

oceanblue
 相模原市は現在、中国の無錫市、カナダのトロント市、およびトレイル市との間で友好都市となっている。

 これらの市の子供たちをホームステイで交換し、当市の子供が早くから外国の文化や自然に親しみ、将来、市を背負って立つ人材となることを期待したい。根拠も効果も薄い、小学校での英語教育よりよっぽど質が高く、こともたちの役に立つと思われる。

 3市の内、無錫市が一番古く1985年に友好都市となった。これまで3,500人の交流があったそうだが、何をしてきたのか? 物見遊山でなければいいなぁ。子供たちの交流は不明だ。

 トロントはカナダの首都で人口250万人だが、もともと同市の東に位置するスカボロー市(人口約60万人)と友好都市だったが、同市が1998年、合併でトロント市に繰りこまれたので、トロント市と話し合いトロント市と友好都市になっている。

 トレイル市は、カナダの太平洋側、ブリティッシュ・コロンビア州にある人口8,000人の市。ロッキー山麓にある自然あふれる町と言った方がいい。1991年以来、津久井町との友好都市だったが、津久井町が相模原市に繰りこまれたので、いまは相模原市の友好都市となっている。

 私事で恐縮だが、私は長年、アメリカや韓国の企業に在籍してビジネスをしてきた。英会話の習得や外国ビジネスへの慣れには大変な苦労をしたが、ポイントはこちらへ引いて一生懸命勉強するのではなく、積極的に外国人と交わる事だと確信する。

 習うより慣れろ! という訳ね。

 これを小学生に体験させたい。ホームステイが理想的だが、日本の住宅事情では出来る家とそうでない家があって、子供たちには不公平となる。先方にホームステイするのは可能だろう。

 日本では、市営の宿泊研修センターなどがあれば最適だ。

 期間は1週間。内容は、海外の子供と日本の子供の共同作業的なイベント。子供たちは、英語が出来ないから・・・と躊躇する子はいない。するのは先生や父母、大人だけだ。

 毎年、定期に開催し、やがて小学生は高校生にもなる。彼らにリーダーをさせ、企画内容も自分たちでやらせる。枠は決めてやるが、手取り足取りの指導はしない。彼らに自主的にさせるのだ。

 このような外国人との接触が、将来的な国際性を身につける契機となる。
 英会話も、来年までには・・・、と自分から勉強したくなること請け合いだ。

 このような企画は楽しい。是非、推進したい!

P.S.
1)文中、「子供たち」と表記した。「供」は複数を意味するので「子供たち」は二重複数となり文法的には誤り。子=CHILD(単数)、子供=CHILDREN(複数)、子供たち=CHILDRENSとなりFUNNYですね。でも、慣例的に「子供たち」というので、そのように表記しました。

2)写真は本文と関係ないです。庭に咲いていたので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。