スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サル真似をやめ市独自のパフォーマンスの考案を!

autumn_festival.jpg 散歩してたら「2011さがみはら秋の祭典」のポスター(写真)。市の観光課が関わっている。そこに紹介されている市内各地域7つのイベント。

 まてよ。その内のひとつは「相模原よさこいRANBU」(古淵駅周辺)とある。もう一つは「ねぶたカーニバル」。
こちらは何と市役所の横からアイワールド方向へ通じる大通りにて。
誰がどのような意図で命名したのかリバティ通り。

 これだけ見ても、この企画が如何に思慮分別がなく陳腐なものかがわかる。
 企画趣意書を拝見したいものだ。このイベントの目的は何なのか!
 なぜ唐突に相模原に「よさこい」と「ねぶた」なのか!? 
 市のホームページでは「ねぶた」は秋田の能代市が友好都市であるから、との理由である。

 では同じ友好都市のトロントや無錫、トレイル関係のイベントがないのは、どう説明するのかね。

 これまでにも何回も言ってきたが、市の企画にはいつも「目的」も「戦略」も感じられない、単に具体案の思い付きだけ。こんなものは三流高校の文化祭レベルだッちゅうの。企画提案者と承認者のツラをとくと拝顔したいものだ。

 企画の「趣旨」、「目的」、「よさこい」と「ねぶた」に至った合理的な理由を市のホームページへ公開すべきだ。委託業者の入札もちゃんとしたんでしょうね、「丸投げ」ではないでしょうね。いつも言うけど。

 「よさこい」や「ねぶた」の「本家の」踊りやディスプレイ、演出が素晴らしいのは言うまでもない。だから彼の地でそれなりの歴史があり、観光客を集めており、地域振興に一役買っているのであろう。

 それを現代流にアレンジしたダイナミックさが人々の関心を呼ぶのは良ししよう。しかし、それをそのまま持っ
てきて、70万人市民の文化イベントに加えるのは如何にも芸がない。

 もし、そのような踊りパフォーマンスが必要だという必然性があるなら、相模原独自の踊りを考案したらいいではないか。現行パフォーマンスの人受けする要因分析をし、それに相模原ならではのアイデアを加味して、それらを凌駕するダンス・パフォーマンスを考案したらいいじゃないか。

 流行りの旗や鳴り物、和太鼓も加えたら良いだろう。そして踊り手は「相州舞踏団」とか「照手姫舞踊連」とか、かっこいい名称にし、その全地区競合パフォーマンスをリバティ・ストリートで展開すればどうだろう。本場の阿波踊りやよさこいのようにである。

 本場の真似だけの安っぽい芸能なんて、サルの方がよっぽど上手いと思う。
 第一、相模原市民としてそんな安手の芸能を持ってして満足するような輩(やから)が多いことを嘆きたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。